包茎手術のせいで皮が突っ張る

包茎手術のせいで皮が突っ張る

クリニックの広告の影響もあり、包茎手術に対して抵抗を持つ人は減ってきました。
長年コンプレックスを抱くぐらいならいっそのこと手術してしまおうと踏み切る人も多いですが、術後に皮が突っ張るといって困っている人も多いようです。
後悔しないためにも、包茎手術に付いての知識を付けましょう。

 

まず、包茎手術後にある程度皮が突っ張るのは、仕方のないことです。
包茎は皮が亀頭を覆ってしまう状態のことで、見た目、衛生的、成長を妨げるという理由から手術をします。
皮が伸びて余った状態だとなかなか亀頭が露出しません。

 

そこで亀頭を露出するには皮を切除しなくてはいけませんが、勃起したときに皮が足りなくなって突っ張ってしまうことがあります。
時間は掛かるが少しずつ皮が伸びてきて、馴染んでくるようになります。

 

しかしあまりにも包皮を切り過ぎたために、ずっと突っ張る状態が続いて治らない人もいます。
だから、皮をどれだけ切り取るかということはとても重要なのです。
皮は切り取り過ぎず残し過ぎずというちょうどいいバランスを保たなくてはいけないので、担当する医師の技術と経験にかかってきます。

 

ですから、料金だけに囚われず、包茎手術に慣れている医師を選ぶようにしましょう。
口コミなどをチェックし、しっかりと包茎手術の症例を持っているところが寄り安心です。
また、事前に丁寧なカウンセリングをし、どのような手術法があるのか、どんなリスクがあるのかを丁寧に説明してくれる医師がいいですね。